お洒落でお部屋に飾れる☆グリーンインテリア創作 全6回(入門)講座 

☆お洒落なグリーンインテリア(いろは)を学ぶ6回講座

【苔テラリウム・多肉植物寄せ植え・テラリウム苔玉・ハーバリウム・多肉植物(サボテン)カラーサンドアート・エアープランツ炭飾り&バークチップタワー】

 

1、苔テラリウム(箱庭風)づくり

jwerferhg
1回目、苔テラリウム(箱庭風)づくり 

☆苔・土・植物・石・砂利など自然なもの使い、中サイズ15cm(かわいいグラスボール)の中に広がる『小さな自然の世界』を自由な発想と想像で、オリジナル創作を学んで頂きます。数種類な苔、豊富な種類の装飾石、ガラス(カレッタ)、木片、炭片などを自由に選択しての箱庭風のテラリウム創作です。

 

2、お部屋に飾る☆グラス入り苔玉(テラリウム苔玉)


2回目、お部屋に飾る☆お洒落なグラス入り苔玉

苔玉づくりには2種類の苔を使い、丸くてかわいい感じの苔玉(直径5㎝~6㎝)を全て苔で仕上げます。グラスは、ストレート型グラス(横10㎝高さ13㎝)使用致します。グラス底部にハイドロボールやカラーストーンを装飾として敷き詰め苔玉を飾ります。最後に苔とミニグラスを使ったミニ苔テラリウムづくりにも挑戦頂きます。
 

 

3、苔のいろはが贈る☆手間が一切かからない苔テラリウム(ハーバリウム&タマゴカラーサンド)


3回目、苔のいろはが贈る☆育てる手間が一切かからないグリーンインテリア

ブリーザーブドフラワーとモスで『ハーバリウムver苔テラリウム』作品の創作 と 卵型グラスで『カラーサンドとモス』ミックス作品の創作

 

4、カラーサンドアートで彩る☆多肉植物(サボテン)グラス

1510400190
4回目、カラーサンドで彩るグラスアート

メインの植物は、多肉植物・サボテンは豊富な体験用から3~4つ自由に選択出来ます。グラス容器は、「グラスカップ」を使用いたします。なお、グラスの中心には用土を使っておりますので、市販のカラーサンド作品より長めに鑑賞用としてご愛顧頂ける作品です。カラーストーン&カラ―サンドは自由な組み合わせが出来ますので、思いのままの自由な発想でグラス模様が描けます。

 

5、多肉植物の寄せ植えでテラリウム(風景)づくり

jebuiwqbf
1510149011
5回目、多肉植物の寄せ植えでテラリウム(風景)づくり

豊富な種類の多肉植物から中サイズ15㎝(かわいいグラスボール)に9~10個ほど寄せ植えして頂き、貴女のオリジナルで多肉植物が広がるファンタジー世界を創造してください。
砂・カラーストーン・分砕石・カットガラス・木片・炭片などを利用して風景創作をお楽しみ頂きます。

 

6、エアープランツで炭飾り&バークチップタワー



6回目、エアープランツで炭飾り&バークチップタワー創作

エアープランツで炭飾り(クヌギ炭とエアープランツのコラボ)&エアープランツでバークチップタワーの創作をお楽しみいただきます。
エアープランツは3~4個使用いただきます。炭飾りは木箱と装飾石(白)の組み合わせ、バークチップチップは中小サイズの組み合わせで創作いただき
輪切り木台に載せて完成となります。

 

6回コース・生徒さんの声ご紹介)

1、 (y・oさん) 20 代女性 茨城県在住

購入したテラリウムをダメにしたので、お手入れを学びたくて入門しました。自分で作ったテラリウムは愛着があり本当にかわいいです。 テラリウムは地層づくりが大事なの事をしっかり覚えられました。やってみたかった苔玉づくりも楽しかったです。ありがとうございました(^^)/

2、(k・nさん) 30代女性 群馬県在住

地元にテラリウムや多肉カラーサンドの講座が見当たらないので、1か月おき都内に所用で行くついでに『いろは』さんに通わせて頂きました。
以前から独学で作っていた多肉カラーサンドで長持ちしない作品が多々ありましたが、受講により多肉カラーサンド作品の管理方法と多肉の育て方ポイントを先生方にしっかり教えていただき、とても勉強になりました。ほんとうれしいの一言です!(^^)!

 

☆コース案内

開講日時【平日 】
(月曜日) 15時〜
(水曜日) 13時コース:15時コース: 18時30分コース
【土・日曜日】11時コース : 13時コース

✳︎毎週 火曜日、木曜日、金曜日、休講です。
その他に臨時休講日がございます。備考欄をご覧ください。
時間・回数全6回(3~6ヶ月) 90分/1回
(1ヶ月に1回程度の参加でもOKです) 
※毎回、違う曜日での受講も可能です。
材料・焼成費◇材料費 1,800円/1回
受講料

備考
◇受講費 2,500/1回

◇臨時休講日のご案内
【1月】
1月7日月曜日(休講)
1月27日日曜日(休講)

◇お支払いは現金でお願い致します。

◇担当講師 平澤・田畑
お問い合せ